REMO社の楽器をご存知でしょうか?ここのメーカーでは、様々なパーカッションがあり、中でも「キッズパーカッションシリーズ」はリトミックにも大変使えます。

どんなものがある?

REMO社の商品を多く扱っているサイトを見つけました。

 

百町森:打楽器( パーカッション )

 

 

以下、サイトからREMO社について文を拝借。

スポンサードリンク

 

REMO(レモ)社はアメリカ合州国のパーカッションメーカーで、1957年以来プロ用パーカッションのリーダーとして世界中で愛され、日本でもドラムのヘッドのメーカーとして有名です。
このREMO社が贈るキッズ・パーカッションシリーズは、子ども達を素晴らしい音楽の世界に導きます。品質や信頼性、細部へのこだわりを犠牲にすることなく、子ども達の小さな手のために特別に設計されました。

 

 

以前、このブログでも紹介したフレームドラムやサウンドシェイプなども、ここのメーカーのものです。
児童館で親子リトミックをするための、三つのポイント part3 | hibikina
 
 
 

どんな活動に使える?

パーカッションなので、基本的に「叩けば鳴る」といったものが多いので、幅広い年齢に対して扱えます。

 

とはいえ、人数分の楽器を用意するのは(物や現場にもよりますが)現実的ではありません。

 

それなので、「一人ずつ」「順番」「一対一」といった要素の活動にとてもピッタリです。

 

 

活動の「視点」を変えるためにも、何か一つあると捗ります。