親子での活動には、必ず「即興で遊ぶ」といった活動を間に入れています。

即興で遊ぶ、とはいっても特に難しい事や特別な事をしているわけではありません。「自由」に鳴らせばいいだけです。

この「自由」という枠があるから、素直に活動に気持ちを向けられ、子どもは積極的に楽しめます。

スポンサードリンク

これは何の楽器だろう?触ってみようかな?あっちの楽器も楽しそうだな!

そういった興味が音になり、結果として即興演奏になっていきます。そうして鳴らされる音楽は、どんな形になっていくか?賑やかになるか、ゆったりになるか…、もしかすると、さっきまで大人しかった子が一気に主役となってソロを取り始めるかも!?

こうした活動は、結果「遊び」になるので緊張をほぐすためにも有効になってきます。そして、その後の活動に気持ちの弾みがついていくのです。