スポンサーリンク

年末になると、ある衝動に駆られます。

それは、「指導案の更新」です。非常に大掛かりな作業になるので、普段はなかなか思い立とうともしません。

 

年末、というのがポイントで、年が切り替わる節目であることと、年末年始の休みが入るため「いっちょやるか」なんていきり立ってしまいます。

 

節目、というならば「年度末」の方が色々と切換しやすいのですが、休みなくそのまま次年度に流れ込む形になるので、そうはいきません。

 

それなので、大きい準備は年末に行うのが最も適していると私は感じます。実際に2年程前、年末年始を3日ほど「指導案更新」に費やしたことで、次の一年間がずいぶん楽になりました。大枠の準備を先取りしているから、直前で迷うことが少なくなったのです。

 

それなので、来年を余裕もって望めるよう、今の時期から「指導案の更新」に入りたいと!今はまだ思っている段階です。

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事