何の変哲もないテニスボールです。

今回、年長クラスで使用してみました。

テニスボール使用、実はポピュラーな活動

テニスボールは楽器ではない物ですが、実は大人のクラスではよく使われます。

 

私が受けたレッスン(の一つ)では、

 

・(数人で)輪になって内側を向き座る
・一人ひとつボールを持つ
・音楽の1拍目に合わせて隣へ転がす

 

といったものがありました。音楽を聴くこと、合わせること、ボールをコントロールすること、見ること、など集中を総動員して活動に臨んだことを覚えています。

 

他に、フレーズの長さを意識して相手に転がしたり、合図に反応して特定の動作をする、など様々な方法があります。

 

今日は実験的に自分の活動で使用してみました。

 

子どもが扱うには難しい?

内容は即時反応をねらいにした「よく聴く」というもので、ゲーム的に楽しめるようにします。この時期に行う目的は、卒園間近ということもあり、残り少ない園生活を「課題」ではなく「遊び」として楽しんでもらうためです。

 

・ボールを一人一つ持って、音楽に合わせ歩く
・合図1でボールを上に一回投げてキャッチ
・合図2でボールを床に一回ついてキャッチ

 

結果的には楽しめました。何よりボールをコントロールしながら動く事に挑戦していることで全員が集中するのです。

 

しかし、テニスボールの大きさは就学直前の子どもでも扱いはギリギリな部分があると言えます。恐らくドッチボール等で遊ぶ直径15センチほどが扱い慣れているボールでしょう。

 

ただ、テニスボールを扱うことは「出来ないこともない!?」という見通しを持たせ、挑戦する意欲が見られたので、この年齢ではちょうどいい難易度なのかもしれません。

 

目的に沿った使い方であれば効果大!?

5歳児以下の年齢では、この活動は出来ないでしょう。ボールがあっちこっち飛んでいき音を聴くどころではない様子が目に浮かびます。

 

しかし、「全員で一個だけ」「投げる、ではなく転がす」など活動内容によっては組み込めそうです。何よりボールの転がる、跳ねるといった特徴が活動を面白くしそうです。

 

テニスボールは、来年の指導案に使うと効果的な場所を考えてみたい!と、やる気にさせてくれました。

スポンサードリンク

 

ブリヂストン(BRIDGESTONE) ノンプレッシャーテニスボール 12個入 BBA46BT
by カエレバ

 

テニスボール 2個入
by カエレバ

 

関連記事

「教える」という事は「負荷」を克服出来るようにさせる事 | 子どもと「遊ぶ」リトミック指導 hibikina

リトミックで役立つ「スカーフ」はこう使える! | 子どもと「遊ぶ」リトミック指導 hibikina