スポンサーリンク

そろそろ今年度も終わりが近くなり、次年度へ向けて慌ただしくなってくる頃です。リトミックの活動も同じです。


保育園では年長の5歳児クラスが、3歳児から行ってきた活動の3年間のまとめに入ってきています。自分の活動では最後の締めとして、それまで得たものを一つの歌に詰め込んで「録音」をします。

 

この「録音」という作業だけで、子ども達はワクワクです。と、同時に歌を録るその瞬間はドキドキもの。この緊張感が出せるのも、さすがもうすぐ一年生といった立派な姿です。

 

 

今回は主にipadを使用して録音しました。これにアプリと簡単な機材のみで済んでしまうのは、さすが現代といったところでしょう。

 

 

簡単に使用機材の紹介を…

iPad mini


言わずと知れたタブレットの小型版。発売は昨年末とはいえCPU含めスペックは一世代前のもの。しかしながら使用する分には問題ありません。なにより、持ち運びが楽です。二本の指で摘んで持ち運べます。

 

ALESIS iPad用オーディオドック iO DOCK


マイク入力×2、オーディオアウト、ファンタム電源、USBポートなどなど、基本的な要素が詰まっているオーディオインターフェイスです。iPadを装着することで簡単にDTM環境が出来上がります。

ちなみに本機はiPad miniではなく、9インチのiPad専用で、しかも現行機種のコネクタでは合いません。

 

slooProImg_20130221194556.jpg

変換アダプタを間に噛ませることで問題なく使えました。miniだとコネクタ付きでも本体の枠内に収まります。

 

Music Studio

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事