今日は児童館でのリトミックでした。

 

この時期(年末)、特に欠かせないものとして「幅広い年齢に対応できるもの」があると活動がスムーズになります。私の場合、「パネルシアター」がそれにあたります。

年末、というより「小学校が長期休みの時期全て」に当てはまると思います。

年度末にパネルシアターが有効な理由

児童館でのリトミックは、年齢ごとに分けられた児童館プログラムの一環となっていることが多いです。

児童館で親子リトミックをするための、三つのポイント part2

大まかに、

・0歳児
・1.2歳児
・3歳児

といったところです。とはいえ、この時期は年齢の境目があいまいになることがあります。

参加する子どもの年齢が、上にも下にも該当しそうだったり、兄や姉が幼稚園で早帰り、または園自体がお休みだったりして一緒に参加する場合があります。

それなので、傾向として年齢の幅が普段より大きくなる活動になりがちです。

 

そうすると、どの年齢に内容の比重をかけるか?といった問題が出てきます。

そこで、「パネルシアタ」があると、大体の年齢をカバーできる時間を設けることが出来るので、活動をまとめやすくなります。

もちろん「パネルシアター」の内容は吟味する必要があります。具体的には、

・大きい絵
・歌で進めていくもの
・繰り返しの多い内容

だと、年齢の低い子でも興味を持ちやすくなります。

パネルシアターでリトミック活動を、より興味深くする方法

おすすめ本 詳細
リトミック教育のための原理と指針 ダルクローズのリトミック
リトミックの理論やアプローチ方などわかりやすく解説された名著です!
リトミック論文集 リズムと音楽と教育 エミールジャック=ダルクローズ
ダルクローズの論文集。難解な本ですが、読めば読むほど彼の想いや意図が身に染みます。
子供を動かす法則 (教育新書 41)
リトミックの本ではありませんが、子どもに教えるために必要な技術が網羅されています。リトミック指導者こそ読んでおくべき必読書。
人を動かす 新装版
「指導する」ということにおいて重要な人との関わり方がわかる本です
障がいのある子との遊びサポートブック―達人の技から学ぶ楽しいコミュニケーション
この本に網羅されている技術は子どもと接する上で欠かせないものになります