去年から、アレコレと楽器を使ってみています。

「ちょっとした」使える楽器は「ちょっと」どころでなく便利

まず、一つは「タンバリン」。叩けば鳴る、といった単純な打楽器です。

そのため、出てくる音も「直接的」なものになります(もちろん、プロが鳴らす場合は別です)。

無駄なくシンプルに音を判断させるには、とてもよい楽器です。

タンバリンだけでも活動は出来る! | 子どもと音楽で遊ぶリトミック指導

 

 

そして、ほとんどの方が幼少期から馴染みがあるであろう「鍵盤ハーモニカ」。

ピアノ鍵盤で操作するこの楽器、メロディを鳴らすことはもちろん和音まで出せる。持ち運びができて、この機能。よく考えてみるとなかなか貴重な存在だと思います。

 

以下のサイトを見てみると、「鍵盤ハーモニカ」が様々な音楽の場面で使われていることが伺い知れます。

ハモンド・スズキの日々是、口風琴 -きままにメロディオン-

 

 

最後に「ウクレレ」。この楽器は「軽い」「簡単」「安い(モノによりますが)」とよい条件がそろっています。

何より、鍵盤ハーモニカと違い「口」が自由になるので、歌も歌えます。リトミックにおいては、「指示」や「合図」を声で行うので、その点でも有用だといえます。

ウクレレをリトミックで。場面によっては効果有り!? | 子どもと音楽で遊ぶリトミック指導
 
 

これらを使ってできること

この三つの楽器は、全部合わせても大してかさばらず、また活動中でも身軽に「サッと」取り出せるので、特定の場面に特化した使い方ができます。

一つ一つの楽器は、ピアノに比べると頼りなく、リトミックでは「ちょっとした」事にしか使えそうにありません。

しかし、これらを手を変え品を変え使いまわすことで、魅力的な活動を組み立てる事が可能だと思います。ずっとピアノが鳴っているより、色んな楽器が鳴ったほうが活動も新鮮でしょう。

手軽な楽器なので、どれか一つ加えるだけでも、活動の色が増えて魅力的にしていけます。

タンバリン

ゼンオン 教育用タンバリン ZTB-21
by カエレバ

 

鍵盤ハーモニカ

スポンサードリンク

SUZUKI 鍵盤ハーモニカ メロディオン アルト M-37C
by カエレバ

 

ウクレレ

AlaMoana アラモアナ ギアペグ式ウクレレ マホガニー UK-100G/MH (ソフトケース付き)
by カエレバ

 

これらを使った活動、公開指導案を更新中!

この楽器に着目して、指導案を公開していってます。

これは、筆者自身の活動で培ってきた方法をアレンジしたものです。

10分間リトミック | 子どもと音楽で遊ぶリトミック指導