本日は初めての親子グループでのリトミック。団地の中にある集会場という、個人的に珍しい場所での活動となりました。

部屋の片隅にある、古ぼけたピアノ

自分でキーボードを用意してきたのですが、部屋に入ると一台のピアノを発見。

オルガン?しかし足元にはサステインペダルが。

大きさはアップライトより小さいです。

鍵盤を弾いてみると、ハンマーの感触があります。そして、音が小さくなっているのが聴こえます。

ボリュームのツマミがありました。やはり電子ピアノです。電源を入れるとスピーカーから音が鳴りました。

しかし、なぜ電源を入れていない状態でも音が鳴ったのでしょう?

と、調べてみると、こういった事のようです。

Wikipediaより

スポンサードリンク

エレクトリックピアノは機械的な打弦メカニズムを持つ。そのため、音声信号そのものを電子回路によって生成する、電子ピアノ(デジタルピアノ)やシンセサイザー等とは全く別の楽器である。電子ピアノやシンセサイザーでは、生成する音色の一つにエレクトリックピアノが選択できる場合があるが、これは、エレクトリックピアノの音色を電子的に再現するものである。(これらの楽器の比較は電子ピアノの項目を参照。)

エレクトリックピアノ – Wikipedia

 

ローズピアノ、などと同じ作りなのですね。ビンテージな雰囲気の音でした。

正直、リトミックでは扱いづらいものでしたが、貴重な経験としておきます。