slooProImg_20140617135007.jpg
本日は親子リトミック。3歳前後の子どもが対象なので「動いて遊んで!」といったことがメインになります。

とはいえ、まだ4月から開始して3回目。まだまだお母さんを安全基地にして緊張しながら活動に参加している段階です。

何より「遊び」にしていくためには「おもちゃ」的なものがが効果的!

今まで、色々な子どもと関わってきましたが、誰もが「興味を示す」ものがあります。

それが、「おもちゃ」です。

ここでいう「おもちゃ」は玩具のことではなく、「おもちゃ的」に遊べる楽器を言います。

活動に対して不安な面持ちで輪に入れない…そんな子でも上記写真のようになにやら「おもちゃ」のようなものが出てきた?となるととたんに興味を示します。

こちらのねらいとしては、まさに「興味をひく」ことが目的であり、これらで自由に遊ぶ時間になると、どの子もだんだん楽しみだします。

そうしているうちに、こちらは活動を進めていき、いつの間にか参加出来ている!という場面を作ることができます。

「おもちゃ」は興味を引き出すのに効果的です。

「おもちゃ的」な楽器は何がある?オススメ楽器の紹介

子どもが興味を持つ「おもちゃ的」な楽器をご紹介します。以下は私の経験上、どこの現場でも子どもが興味を持つものです。

エッグシェイカー

卵型のマラカスです。手になじみやすく、振った音も感触も心地よい。形からして「見たことある!」といった生活に沿った?フォルムに親近感を覚えるのかもしれません。

子どもによっては、独占したくなる魅力があるので数を用意しておくといいでしょう。

TOCA T-2106 Egg Shaker,Rainbow/10個パック
by カエレバ

 

フルーツシェイカー
同じく、持ちやすく生活に馴染んだ見た目のマラカスです。2歳過ぎの子どもに「これは〜なに??」とクイズのように出していくと楽しめます。

【プレイウッド】ミュージックシェーカー”フルーツ” 籐かごセット《FS-5000》 【PLAYWOOD】
by カエレバ

 

ギロ
独特な見た目からして「どうやって使うの?」といった知的探究心をくすぐる楽器。

実際に鳴らした際の音や感触もクセになるようで、気に入った子は延々と鳴らし続けます。

打楽器  民族ギロ (大, ギロ)
by カエレバ

 

小型ツリーチャイム
見た目もキレイで、音もキラキラと刺激的。

一般的なツリーチャイムはもっと大型なのでスタンドに立てなければ使用は難しいですが、これであれば子どもも手に持てます。

大人が持っていて子どもが鳴らす、でも良いでしょう。

KIKUTANI ピンチャイム PCC-10
by カエレバ

 

おすすめ本 詳細
リトミック教育のための原理と指針 ダルクローズのリトミック
リトミックの理論やアプローチ方などわかりやすく解説された名著です!
リトミック論文集 リズムと音楽と教育 エミールジャック=ダルクローズ
ダルクローズの論文集。難解な本ですが、読めば読むほど彼の想いや意図が身に染みます。
子供を動かす法則 (教育新書 41)
リトミックの本ではありませんが、子どもに教えるために必要な技術が網羅されています。リトミック指導者こそ読んでおくべき必読書。
人を動かす 新装版
「指導する」ということにおいて重要な人との関わり方がわかる本です
障がいのある子との遊びサポートブック―達人の技から学ぶ楽しいコミュニケーション
この本に網羅されている技術は子どもと接する上で欠かせないものになります