幼児クラスの活動では、視覚的に「見せて」提示することがあります。そうすることで、よりスムーズに活動の「ルール説明」が出来るからです。

その視覚教材ですが、ラミネート加工しておくと様々な面で便利になります。

視覚教材はラミネートすると「保管」「用意」「掲示」の面で便利になる

実は、私は去年までラミネートは使用していませんでした。

それまで100均で買った透明プラスチックのボードを3つほど用意して、絵を1枚1枚挟んで使っていました。

スポンサードリンク

印刷した紙の保護と提示のしやすさから、こういった用意をしていたのですが、これでは毎回差し替えが面倒な上に、少しの厚みがあるためかさばります。

1枚1枚をラミネート加工することで、これらの面倒ごとを無くすことができます。

また、活動内容にもよりますが提示の仕方として「手に持つ」のではなく「置く」や「立てる」といった方法もできます。

手はかかりますが、視覚教材のラミネート加工はオススメです。