slooProImg_20140717214358.jpg
ヤマハの鍵盤ハーモニカである「ピアニカ」が30年ぶりにモデルチェンジしたそうです(記事執筆時点)。

「ピアニカ」という言葉の響きに懐かしさを覚える方も多いのではないでしょうか。

誰でも鳴らせる万能楽器

教育用としても使われていることもあり、恐らく殆どの方がこの楽器に触れたことがあると思います。

言ってみれば「誰もが弾き方を知っている」といったこの楽器。

メロディも和音も弾けて、音量もありながらカバンに入る可搬性の良さ。他には中々こんな楽器はないでしょう。

欠点といえば、鳴らすのに息を吹き込まなければいけないので「弾き語り」が出来ないことがあります。

とはいえ、上記の利点は音楽をすることに十分な条件を満たしていると思います。

12音全ての音階が弾けて3オクターブほどの音域があり、世界共通の入力装置である鍵盤を有しているなんて非常に魅力的です。

鍵盤ハーモニカの使い方あれこれ

片手でポチポチ弾いているイメージがある鍵盤ハーモニカですが、様々な弾き方や使われ方がなされているようです。

そして、手前味噌で恐縮ですが、当ブログでも鍵盤ハーモニカを使った活動「10分リトミック」という記事を書いています。

 

10分間リトミック指導案 概要編

 

鍵盤ハーモニカは、「今ここにちょうどあったらな〜」といったスキマ的な部分に当てはまる楽器だと思います。

スポンサードリンク

おすすめ本 詳細
リトミック教育のための原理と指針 ダルクローズのリトミック
リトミックの理論やアプローチ方などわかりやすく解説された名著です!
リトミック論文集 リズムと音楽と教育 エミールジャック=ダルクローズ
ダルクローズの論文集。難解な本ですが、読めば読むほど彼の想いや意図が身に染みます。
子供を動かす法則 (教育新書 41)
リトミックの本ではありませんが、子どもに教えるために必要な技術が網羅されています。リトミック指導者こそ読んでおくべき必読書。
人を動かす 新装版
「指導する」ということにおいて重要な人との関わり方がわかる本です
障がいのある子との遊びサポートブック―達人の技から学ぶ楽しいコミュニケーション
この本に網羅されている技術は子どもと接する上で欠かせないものになります