先日の記事で紹介した著者の続編にあたる本です。

前回記事の本「憂鬱と官能を教えた学校」では、(リトミックにおける)即興演奏をするには避けては通れない機能和声について、わかりやすくまとめられている、というものでした。

そして、今回ご紹介する本では「ジャズ」を中心に近現代音楽史として、東京大学で講義されたものの講義録となっています。

【東京大学のアルバート・アイラー】菊地成孔 大谷能生:著 文藝春秋

 

 

自分の知らない音楽の分野を広げたい方にオススメ!

「憂鬱と官能を教えた学校」ほどではないですが、この本でもコードネームを用いた機能和声の説明がされています。

それ以上に魅力的なのは、ジャズの発展を時系列で説明されており、それにまつわる商業音楽がどのように発展していったか?どのようにジャズへ影響されていったか?といったジャズ史の部分です。

ジャズの技法がどのように変わっていったのか?それらはどんな風に演奏されるものなのか?そういった事柄は、リトミックにも活かせます。

自分の中の音楽を広げたい、なのでジャズにちょっと興味を持ってみようかな?と思われる方にオススメします。