私はリトミックを学び始めたのと同時にピアノを学び始めました。つまり、全くピアノが弾けない状態(保育士時代に朝の会で弾く「おはようのうた」のみ辛うじて弾けたので全く、という訳ではないがそれに近い)で即興演奏のレッスンを受けていたことなります。

今では何とか活動で使える位は弾けているのですが、最近そうした状態になるまでのノウハウを振り返る機会に恵まれました。

というのも、私がリトミックで行ってきた即興演奏について「教える」という、要は人に教える立場に立っているのです。


自分の現場における即興演奏の必要性を考えると、実はあまり技術はいらない、と気付く
リトミックのライセンス保持者である先生方の演奏は、それはもう私からすれば超絶技巧です。こういった演奏を目指すべきなのか!?と気が遠くなったりもしましたが、今はそう思っていません。

それは、私が活動を行う目的に「子ども達の社会性をフォローしていく」といった保育目線ベースにすることでリトミックを「ルール」として使うことにスイッチしていったからです。

スポンサードリンク

もし、純粋なダルクローズリトミックを行う行うのであれば、上記のような演奏技術は必要になります。しかし、私の活動の場合、必要最低限で十分なのです(それでもハ長調だけ、譜面通りに弾く、といったことはなく、やはり技術は要りますが)。

即興演奏、というとハードルがとても高いように思われる方は多いと思います。でも、活動内容にもよりますが、案外これだけでも活動になる!といったものでもあります。

プロ並みの演奏を目指していくのではなく、「自身の活動には、どこまで弾ければよいのか?」と逆算していくことで、即興演奏のハードルは下がるのではないでしょうか。

【本】即興演奏がわかる!「これからはじめる即興演奏」 | 子どもと音楽で遊ぶリトミック指導