今週末に発売されるiPhone6・iPhone6 Plusですが、純正のケースは既に発売されはじめているようです。

 

Apple

私はiPhone6 plusを購入予定なのですが(予約済み)、同時にケースも注文した所、もう本日届きました。

早速届いたApple純正のiPhone6 Plus用レザーケース、を見てみる

色はオリーブブラウン。付属品はありません。シンプルです。

 

唯一の説明書は、これのみ。シンプルです。

 

ケースを手に取ってみて、ようやくiPhone6Plusの大きさを実感できました。

 

裏には当然リンゴマーク。

 

本体の底面にあたる部分のみ、マイクロファイバーの裏地となっています。

 

側面は固め。本体がパッチリとはまりそうです。

 

本体下部はコネクタが集中する部分です。ザックリとカットされていて、ケースを付けたままでも様々なケーブルに対応出来そうです。

 

一般的な鉛筆と比べてみました。

 

iPhone6 Plusはポケットに入る??

やはり、気になったのはその「大きさ」。今まで、ポケットに入れていることが多かったのですが、果たしてそれが出来るのでしょうか?

 

前ポケットに入れてみました。ほぼスッポリとiPhone6 Plusが入ります。その薄さのおかげで、案外大きさを感じないのかもしれません。

しかし、この状態で座るとさすがに突っ張った感じになります。

 

後ろポケットでは、アイコン2個分くらい飛び出してしまいます。

 

もちろん人によって服装のサイズは異なりますから、これと同じ結果にはならないでしょう。私としては、ポケットは厳しいです。

 

レザーケースは使い続けて風合いが変わる、10ヶ月でこうなるという例

パッケージ裏には「使い込むうちに風合いが変化します」とあります。

 

実際、どのような風合いの変化があるのでしょう?同じ素材(であろう)のiPad Airレザーケース、10ヶ月使用した後をご覧下さい。

 

キズや凹みはもちろん出ます。上部にムラがあるのですが、これは大雨の日、カバンから侵入した雨水でこうなってしまいました。革なので、やはり水には弱いです。

 

日常的にどこかへ置いたりする事が多いので、裏側はもっとダメージな風合いになります。リンゴが傷だらけです。

 

ちなみに、買ったばかりの頃。

slooProImg_20131101202823.jpg

スポンサードリンク

 

角はこのように濃い色合いに。使い古した革鞄のようです。

 

こういった汚れや傷が気になる方は、同じiPhone6の純正であるシリコンケースの方がよいのかもしれません。ただし、iPhone6 Plusには純正ではレザーケースしか無いようですが…。

 

もし、購入を考えている方への参考になれば幸いです。