iPhone・iPad用の楽譜作成アプリ、を買ってみました。

今までのアプリより段違いに使いやすい!

これまで使っていたものは、「Notion」というiPad用のアプリだったのですが、機能が多いだけあってサッとメモをするような使い方には向いていませんでした。

しかしこの間、発表されたKAWAIによるアプリ「タッチノーテーション」は違います。

 

iOSアプリ「タッチノーテーション」新発売について|河合楽器製作所

 

この度新発売する「タッチノーテーション」は、この長年に渡り蓄積した実績やノウハウを背景として、最近身近なデバイスとなったタブレット端末や、スマートフォンで、より手軽に楽譜作成ができるよう指先での手書き入力に対応させた商品です。

このように、とにかく「手書き」にこだわっていて、本当に紙に書くようにスラスラ作成出来ます。

 

「タッチノーテーション」は本当に「手書き」して入力する

最初の画面。テンプレートから選べます。

 

小節を二回タップすると拡大して表示されます。

 

このアプリ一番の特徴である音符の入力。例えば、このように斜線をひくと…

 

任意の音のところに四分音符が入力されます。

 

更に足していって和音に出来ます、

 

このアプリではスタイラスペンの使用が推奨されています。画面に手を置いて書けるようにリストガードの機能があります。右下部分のグレーがそれです。

 

このように丸を書くと…

 

全音符になります。

 

右上がりの丸を書くと…

スポンサードリンク

 

二分音符になります。ちなみに、全音符に縦棒を足してもこれになります。

 

四分音符に旗を書くと…

 

八分音符になりました。

 

旗を追加していけます。

 

そして、もちろん入力された譜面は音として「再生」できます。

 

使ってみて

入力の仕方に特徴があり、最初こそ戸惑いましたが覚えてしまえばとてもラク!これまでの楽譜作成アプリのように、いちいち入力する音符を「選んで」「貼り付けて」といったことをしなくて書いてしまえばよいのです。この差は大きいです。

なにより、iPhoneでも使用できるのがいいです。スキマ時間でサッと書いていけます。

アプリは有料ですが、機能制限つきの無料版もあるようなので、気になった方はとにかく試してみるとよいでしょう。