まったくリトミック関係ありませんが、この事実が恐らく他の人に有益な情報になるかもしれないので記事にします。

Avid社のPro Toolsアカデミック版、放送大学の全科履修生で認証を受けられた!

ProToolsとは、DAWと呼ばれる音楽製作ソフトで、業界での普及率がとても大きいソフトです。

 

Avid | Pro Toolsファミリー

プロ御用達のソフトということもあり、値段はそれなりにします。実売で7〜8万円ほどでしょうか。

 

しかし、このソフトには「アカデミック版(学生用と教職用)」が存在し、条件を満たせば半額以下で導入できます。

 

このアカデミック版の適用条件ですが、学生用では以下の通りのようです。

 

Avid | Avidアカデミック版の購入資格

・大学生- 大学・短期大学・専修専門学校等の各種政府認定高等教育機関に在籍している学生

 

実は私は現在、放送大学の全科履修生、つまり大学生というわけなのですが、アカデミック版で購入する資格になるのか?このソフトが欲しいために「もしかして、アカデミック版で買える??」「いや。通常版じゃなければだめか…?」と悶々とした日々を送っておりました。

試しに、「ProTools」「アカデミック版」「放送大学」などネットで検索してみても、答えとなる情報は出てきませんでした。みんな暗黙のうちに行っているのか、それとも誰も試していないのか…。

上記のAvidによる条件に、「各種政府認定高等教育機関」とありますが、放送大学がこれに当てはまるのかがよくわかりません。

法人の名称は法律によって定められており(放送大学学園法第3条・放送大学学園寄付行為第1条)、一般の私立学校と異なり「学校法人」を冠しない(「学校法人放送大学学園」ではない)※wikipediaより

 

法律で定められている学校である以上、国がかかわっているので「各種政府認定」に該当するのであろうが…。

また、このソフトの「アカデミック資格者かどうか」の認証はidentit-eというAvid外部のサービスが行うということで、この海外のサービスが放送大学をどう捉えるのか??心配が重なり、踏ん切りがつきませんでした。

しかし結果から言うと、「放送大学の全科履修生」でアカデミック版の認証できました。以下に、私がとった方法を記しておきます。

 

Pro Toolsアカデミック版の認証に用意したもの

※以下はあくまで私が行ったこと、またその結果であり、必ず誰でも認証されると保証するものではありません。実践される場合は自己責任でお願いします。

スポンサードリンク

 

☆用意したもの

・在学証明書
・大学のメールアドレス

 

まず、在学証明書ですが自身が在籍している学習センターで発行してもらえます(有料)

 

各種証明書の発行について | 放送大学 – テレビ・ラジオで学ぶ通信制大学

A4一枚の証明書です。これをスキャンしてPDFファイルにしましょう。

そして、大学での個人メールアドレスですが「キャンパスネットワーク」から確認できます。

・放送大学ホームページ

・上部にある「在学生の方へ」をクリック

・「キャンパス・ネットワーク・ホームページ」をクリック」

認証が求められるので、入力(デフォルトだと、ログインは学籍番号、パスは生年月日)します。

 

スクリーンショット 2014 09 25 14 35 10

 

メニュー右下の「メール」をクリックするとGmailのページに移動します。すると、右上のアカウントに

・(学籍番号)@campus.ouj.ac.jp

とあるので、それがメールアドレスになります。

 

identit-eでの認証手順

まずは、アカデミック版に同封されているマニュアルに記載されているidentit-eのサイトに行きます。

 

スクリーンショット 2014 09 25 14 39 54

 

右上のlanguageで日本語に切り替えられます。

スクリーンショット 2014 09 25 14 41 34

 

認証コードの入力が求められます。アカデミック版に付属されているアクティベーションカードに記載されている番号を入力します。

ここから先は、案内にしたがって入力するだけです。

・メールアドレスを要求されるので、先ほどの大学アドレスを入力

・これだけでは認証できません(情報が足らない?ということらしい)、と出るので続いて大学の情報を入力

・都道府県と市町村で放送大学のある千葉県千葉市を選択します(日本語で選択肢は出ません。どちらも「chiba」を選択)

・該当する大学を選択するのですが、放送大学はありません(私が行ったときはそうでした)。該当する大学が無い、というチェックを入れて、その下に「放送大学」と入力

その後は個人の名前や住所といった情報の入力になります。そして、大学の専攻などの入力が求められますがそこも特別なことはなく、ありのままに入力しました。

最後に、証明書の提出が求められるので、先ほどの在学証明書PDFを送信して終了。まもなく受付完了メールが大学メアドの方に届きました。

認証完了のメールが届いたのは一日後でした。

 

さいごに

放送大学はれっきとした大学なので、そこに在籍していれば大学生なことには間違いありません(ちゃんと学割も受けられますし!)。

ただ、放送大学には在籍の仕方が二種類あって、今回の私の場合は「全科履修生」ですが、もう一つ「科目履修生」というものがあります。

 

学位に関係なく、好きな科目だけ履修したい方 | 放送大学 – テレビ・ラジオで学ぶ通信制大学

この場合ですと、扱いが「学生」でない可能性があります。それなので、科目履修生でアカデミック版が認証されるかはわかりません。

ちなみに、野暮な計算ですが、ProTools通常版を購入するか、放送大学の全科履修生になってアカデミック版を購入するのでは、どちらがコスト的に安いのでしょう?

・放送大学 全科履修生(何か一つ科目をとらなければいけないとして)
入学金¥24,000+面接授業1科目¥5.500=¥29.500

アカデミック版が冒頭のリンクにある通り(26.9.25現在)だいたい¥33,000だとして、

¥29,500+¥33,000=¥62,500

通常版(実売7〜8万)より安いです。

放送大学に入学できる時期だったり(年2回)手間を考えると、どっちがいいのかは人によりますが…。

とはいえ、放送大学も価値がありますので(いや、とても面白いです!私は心理士関係のために通っています)、大学に入学して勉強できる環境とProtoolsが手に入る!となれば、非常にお得なのでは?とも思います。

改めて申しますが、上記の認証については私が保証するものではありません。実行される場合は、くれぐれも自己責任でお願い致します。