模倣させることで「最初の一歩」を示していく!

lgf01a201408291700

子どもは言葉よりも「見る」方が理解しやすいです。

 

模倣することが、自発性の「キッカケ」になる

リトミック活動では、色々な動きをします。

そしてその中では自由に表現してみる場面や、一定の動きに挑戦してみたりする場面があります。

しかしどちらにせよ、「こういう風にしてみると、もっと良い!」ということを子ども達に伝える必要が出てきたりします。

説明をするというのはなかなか難しいことです。

そういった時は、言葉ではなく具体的な何かを「見せる」方が一発で伝わったりします。

つまり、見せたものを子ども達は「模倣」することになります。

この「模倣」は活動自体をし始めた最初期や、慣れた状態でも「初めて行う活動」の際に必要になります。

何かを始める際は最初が肝心です。

「模倣」してみて、だんだん自分のものにしていき「もっとこうやってみよう!」といった自発性にも繋がってきます。

つまり、「模倣」は活動を発展させていくためのキッカケでもあります。

模倣は真似をさせることではない

動きの模倣をさせるということは、一挙手一投足同じことをやらせる、つまり真似をさせることではありません。

全員が同じ動きを目指す(例えばダンスの振り付けとか)のであれば話は別ですが、リトミックでは「やろうとしている姿」を評価していった方が子ども達の意欲が良い方向に変わっていきます。

第一歩を示すことがキッカケ作りになる

とはいえ、「やろうとしている姿」とは、どこまで模倣させていくことなのか?といった判断が必要になります。

リトミックにおいては、音楽に動きを合わせていこうとする過程が大切です。

そこに向かう第一歩として、「最初の動き」だけ真似をさせてみましょう。

例えば特定の動きを音楽に合わせる活動だとします。

最初は音楽無しで、こちらが動いて見せます。「みんなもやってみましょう」と誘い、全員でやってみます。この段階は「真似をさせている」ことになります。

その後、「音楽と一緒にやってみましょう」とこちらは演奏側にまわります。

そうすると、子どもからすると真似をする対象がなくなります。

そうすると、子ども自身が思ったことを動いてみる段階になります。音楽が始まれば、後は動いていくしかありません。

このように、最初だけきっちり模倣させることでキッカケとなり、その後の活動に弾みをつけていくことができます。

次回は具体的な「模倣のさせ方」についてお伝えします。

 

【リトミックの指導方法】分かりやすい提示は「モデルを示す」2

スポンサードリンク

おすすめ本 詳細
リトミック教育のための原理と指針 ダルクローズのリトミック
リトミックの理論やアプローチ方などわかりやすく解説された名著です!
リトミック論文集 リズムと音楽と教育 エミールジャック=ダルクローズ
ダルクローズの論文集。難解な本ですが、読めば読むほど彼の想いや意図が身に染みます。
子供を動かす法則 (教育新書 41)
リトミックの本ではありませんが、子どもに教えるために必要な技術が網羅されています。リトミック指導者こそ読んでおくべき必読書。
人を動かす 新装版
「指導する」ということにおいて重要な人との関わり方がわかる本です
障がいのある子との遊びサポートブック―達人の技から学ぶ楽しいコミュニケーション
この本に網羅されている技術は子どもと接する上で欠かせないものになります