「話術!?」で子ども達は話に惹きつけられる!

e90bd8cb0cb8d4b199e895196109b80b

子どもに「伝える」ためには、ただ話をするだけでは十分ではありません。

 

伝えるためには、子ども達の耳を開かせる必要がある

このシリーズの記事で「話は端的に」「10秒以内で」と提示の仕方について触れました。

しかし、短いからといってその10秒間を目一杯しゃべり続けては混乱させるだけです。

また、注目させるためには大きい声で話せばよい、ということでもありません。

「うるさい」と感じれば誰だって耳を塞いでしまいます。

「何を言っているのかわからない」「聞きたくない」と子どもが思えば、話は聞いてくれません。

そうなっては、そもそも活動の提示なんて出来ません。

それなので、いかにして「伝えるか?」ということをこちらは意識していく必要があります。

「間」があることで話は引きつけられる

もし、ずっとしゃべっていた人が急に黙ったら「?」と感じるはずです。

その状態は、意識を対象に向けている状態でもあります。

この、黙っている瞬間を話の流れに入れていくことが「間」を作る、ということです。

では、どんなタイミングで入れればよいのか。

「これから、◯◯をします。◯◯っていうのは……(0.5秒くらいの間)……◯◯をすることです。」というように、結論や答えなど「みんなが知りたいであろう事柄」の直前に一瞬入れていくようにします。

ただ、毎回こんな調子で喋っていくのは不自然なので、「ここぞ!」という所で間を開けるようにしていきます。

次回は「伝え方」や「聞き方」についてお伝えします。

 

【リトミックの指導方法】いかにして伝わりやすい指示になるか?2

スポンサードリンク

おすすめ本 詳細
リトミック教育のための原理と指針 ダルクローズのリトミック
リトミックの理論やアプローチ方などわかりやすく解説された名著です!
リトミック論文集 リズムと音楽と教育 エミールジャック=ダルクローズ
ダルクローズの論文集。難解な本ですが、読めば読むほど彼の想いや意図が身に染みます。
子供を動かす法則 (教育新書 41)
リトミックの本ではありませんが、子どもに教えるために必要な技術が網羅されています。リトミック指導者こそ読んでおくべき必読書。
人を動かす 新装版
「指導する」ということにおいて重要な人との関わり方がわかる本です
障がいのある子との遊びサポートブック―達人の技から学ぶ楽しいコミュニケーション
この本に網羅されている技術は子どもと接する上で欠かせないものになります