お世話になっている保育園の園歌を作ることになりました。作曲、なのですが五線譜と楽器の前でアレコレ悩むのではなく、いまやiPhone一台あれば、ある程度は済んでしまいます。私はiPhoneアプリ「Garage band」を使って作業を行っています。

作業を集約できるから、スキマ時間でどこでも作曲

ピアノはもちろん、ギター、ベース、ドラム、ストリングスと一般的な楽器の音が揃っています。これらの音を「演奏」または「入力」して録音していきます。

slooProImg_20131030195032.png slooProImg_20131030195030.png

編集画面では、各パート録音したパーツが左から右へ並んでいます。ここで音の編集で作りこんで行ったり、パーツの抜き差し追加削除で全体の編集を行います。

slooProImg_20131030195027.png slooProImg_20131030195029.png

最終的に完成したら、パソコン経由で音のデータをやりとりします。メールでそのまま送ることも可能です。

slooProImg_20131030195025.png

つまり、作曲、編曲(編集)、受け渡し、がコレ一台で出来てしまいます。それなので、家の中でも、通勤電車の中でも、トイレでもどこでも場所を選ばず(時と場合による)作業ができました。

使ってみた感想

Apple製品は、だいたいそうなのですが、「直感的にできるから、とにかく触ってみましょう」と言わんばかりに説明を省いてあるものです(マニュアルはあります)。

スポンサードリンク

このアプリも例にもれないのですが、こういった音楽ソフトを触ったことのある人は、「あれはどこかな…もしかしてコレ?」と勘で進めていけるでしょう。

 

なぜなら、機能の「配置」が他のそれと大きく変わらないからです。それなので、私は説明書なしで、しばらく使っていたら慣れました。

 

そうでない人には、機能の構造を把握する段階から始めなければならないので、最初はとっつきにくいかもしれません。とはいえ、こういった「音楽製作アプリ」全てに言えることでしょう。

 

このGarage bandが他の音楽製作アプリと違うのは「触ってて楽しい」ことだと思います。以下、「smart instruments」という楽器の画面ですが、

slooProImg_20131030195022.png slooProImg_20131030195019.png slooProImg_20131030195016.png

「ここの鍵盤を押して」「何フレットを押さえて」「音階を弾くにはこの順番で」といった要素を全く省いて、とにかく「触れば」間違いのない音が出るようになっています。触るだけで自在に弾ける。これは文句なしに「楽しい」です。

 

それなので、このgarage bandというアプリは、「音楽で遊ぶ」事が一番有用な気がします。そして、音楽制作にも、もちろん対応しているので、遊んでいるうちに「音楽」を作ること、演奏することへ繋がっていきそうです。これって、自分1人で使うのはもったいない気がしませんか?

 

子どもとのコミュニケーションへも、とても有効だと感じました。その際に、間にあるものは「機械」ではなく「音楽」というふうにしていければ、どんなに素敵なことでしょう。そんな風に思いました。

 

ちなみにこのアプリ、最近無料になりました(ただし新規にiPhoneやiPadを購入した場合のみ)。