本日発売のiPad、WiFi64Gモデルです。

以前、「リトミックに現代機器は使えるか?」なんて記事を書いてしまったために、購入を迷っていた自分の背中を自分で押す形で入手となりました。いや、言い訳です。

買うまで個人的に気になっていた「本体+ケース」といった重量の部分を記事にします。今回はリトミック関係ありません。

本体の重さ、smart caseを使用した場合

今回のiPad、一番注目されているのが「軽さ」です。前モデルよりも小型化、軽量化され持ちやすくなりました。

この「軽さ」は裸で使用した場合、一番実感出来るものですが、そのままで使用するには気が引けます(高価なものだし…)。とはいえ、ケースを装着すると軽さが台無しに…。どちらを取るか悩みどころです。
 

純正のsmart caseというものがあります。これは本体全体を覆ってくれるので安心感があります。しかし、コレをつけると「軽さ」が台無しになるのでは。いやしかし格好良いので付けたい。

結論からいうと満足です。そこまで重くない!以下参照。

スポンサードリンク

・本体重量

計り方が良くないのかカタログより30gほど重いです。なので、以下は参考程度にして下さい。
 
・ケース本体重量

 
・本体込み重量

 
iPadAir本体とsmart case合わせて第四世代iPadより10gほど軽いです。
 

・ペットボトル比較

 

500mlペットボトルより少し重いのがiPadAir+smart caseということですね。

smart caseについて

パッケージの説明ですが、


分かりやすいです。
 
私はこれまでiPadminiを使っていたのですが、気になっていた所がありました。 


この淵の部分が傷つきやすいのです(ケースなど付けずに使っていた、という事もあります)。 


ガッチリ守ってくれそうです。 
 
また、底面のケース自体はプラスチックのように固い素材(加工?)なので、本体をはめ込む際、フニャフニャせず「パチン!」と装着できます。

以上、嬉しかったので、つい記事にしました。