親子での活動となると、基本的には大人であるお母さん(お父さん)が積極的に動いてもらう事になります。

親子活動での二種類の提示

活動は無言で進められる訳ではありません。「次は〜をします」と説明があり展開していきます。

ここで必要になるのは、「内容について」と「音楽」です。そして、どちらも欠けたり足らなかったり、多すぎてもいけません。

どういう風な活動か?どんな風に行ってほしいか?という事を説明するには、言葉による声掛けが必要です。

しかし、喋りすぎてはいけません。喋れば喋るほど長引いてしまい、子どもの興味が薄れ場が騒がしくなってしまいます。

子どもは、大人ほど言葉を理解できません。退屈してしまいます。

それなので、声掛けは大人に対して手短にするようにします。

音楽の提示には、子どもはとても素直です。その子の、その時の気分にもちろん左右されますが、殆どの子は積極的に動くでしょう。

しかし、音楽ばかりではいけません。こちらが喋らずにいると、お母さん(お父さん)は子どもの姿を見守るのみになりがちです。

大人は「常識」があるので、基本的に指示がないと動きません。

それなので、こちらが「こうしてほしい」事と「このためにやる」という明確な理由を声掛けしなければいけません。

声掛けは大人のため、音楽は子どものため、と考えると提示としては丁度良いかもしれません。

スポンサードリンク

おすすめ本 詳細
リトミック教育のための原理と指針 ダルクローズのリトミック
リトミックの理論やアプローチ方などわかりやすく解説された名著です!
リトミック論文集 リズムと音楽と教育 エミールジャック=ダルクローズ
ダルクローズの論文集。難解な本ですが、読めば読むほど彼の想いや意図が身に染みます。
子供を動かす法則 (教育新書 41)
リトミックの本ではありませんが、子どもに教えるために必要な技術が網羅されています。リトミック指導者こそ読んでおくべき必読書。
人を動かす 新装版
「指導する」ということにおいて重要な人との関わり方がわかる本です
障がいのある子との遊びサポートブック―達人の技から学ぶ楽しいコミュニケーション
この本に網羅されている技術は子どもと接する上で欠かせないものになります