誰でも手軽に活動出来る!

 

10分間リトミックとは??

このサイトの著者が、保育園で行っているリトミックの「導入部分」をまとめたものです。

「導入部分」は、その回の活動の「ポイント」となる部分を織り交ぜたものになります。それらを、

 

  • 「遊び」として楽しめる
  • 「誰でも」演奏できる楽器で行える
  • 「方法」という技術を少し身につける

 
の3点に注目してアレンジしたものが「10分間リトミック」です。

「遊び」とは?

何より、「楽しめる」ものでなければ子どもは興味を示しません。

そのために「遊び」である必要があります。

そして、それはCDやDVDの通りに行えばよいわけではありません。

一緒に関わる人間がいるから面白くなります。

「10分間リトミック」では、「音楽」をルールにして展開していく「遊び」をどのように提供すればよいかを説明していきます。

 

ピアノが弾けなくても出来る??

音楽を扱うからといってピアノが必須なわけではありません。

「10分間リトミック」では、「鑑賞させる」ための音楽ではなく「遊び」のための音楽を必要とします。

そのための音楽は、シンプルに難しくなく弾けるようにしてみました。

使用する楽器は以下の3点です。

・ウクレレ ・鍵盤ハーモニカ(37鍵) ・タンバリン

 

今の自分に「少し」特技を増やすだけでできる


「10分間リトミック」を行うのに、たくさんの知識や技術を時間をかけて詰め込む必要はありません。

スポンサードリンク

今の自分に、楽器や遊び方といった「少し」の特技を身につけるだけで行えるよう「説明書付き指導案」をご紹介していきます。

 

概要

・対象は3〜4歳児の小集団を想定しています。2歳児には難しく、5歳児には少し退屈かもしれません。

・一回の活動は10分程度、週に1〜2回行うペースでよいと思います。

 

10分間リトミック指導案 第一回

10分間リトミック指導案 第二回

10分間リトミック指導案 第三回

10分間リトミック指導案 第四回

10分間リトミック指導案 第五回