おそらく、 手作り楽器の中で一番ポピュラーなのでは??といったマラカスのお話。

自分も愛用しており、特に乳児の活動では「使わない予定でも、とにかく持ってけ!!」という感じで必ずカバンに忍ばせてあります。
手作りと言う事でガタがくるのが早いです。丁度、定期メンテの時期だったので修復ついでにアップデートを施しました(って書くとITな匂いがするぞ)。
20100623_1567109
器は定番のフィルムケースです。
20100623_1567146
これに中身を入れていきます。今回はペレットを入れました。

お米でも似たような音になります。他に食べ物系でいくと小豆もよいです。
と、ここまでで蓋をすれば完成と言えますが、正直これだけではとても味気ないものになります。振っていても面白みが薄いのです。
楽器を演奏する面白さとは何でしょうか??
思うままに操る楽しさ、奏でる音、そして操作している「感触」だと思います。
たかが手作りマラカスとはいえ楽器は楽器。せっかくなので、もうちょっと面白くしてみましょう。
20100623_1567147
とはいえ、大げさな事をする訳ではありません。

クリップを二本入れてみました。こうする事で振ったときに「カチカチ」とクリック感が生まれます。クリップでクリック感が生まれます。大事な事なので二回言いました。
20100623_156714820100623_1567149
仕上げです。

子どもはフィルムケースの蓋が大好きです。中身が散らばるくらいなら良いのですが、誤飲だけは必ず避けましょう。
それなので、接着剤を蓋が接する内側上部に塗布(写真ではそうは見えませんが…)、蓋をしてその上にテープを巻いて二重ロック。完成です。
20100623_156715020100623_1567151
乳児は何でも口に持っていくので、使用後は天日干しなどで綺麗に保つのがベストです。そして、蓋が緩んでないか定期的にチェックも必要です。
自由に持って遊ぶもよし、歌に合わせて振ってもよし、活動に使用するのもよし(これだけでも十分リトミックの活動が出来ます、使用例などはいずれ書くかも??)。なにげに万能アイテムだと思います。