遊びの構造

 

リトミック活動とはいえ、子どもにとっては「遊び」にならなければ活動は意味を成さなくなってしまいます。

楽しく「遊べて」こそ、はじめて経験として身に付いていきます。

リトミックの指導はソフトウェアの更新が重要。

例えば、童謡のような短い一つの歌にも様々な音楽要素があります。

音の高低、強弱、テンポ、リズム、和音、メロディ、フレーズ、形式、etc…

それらを、ダルクローズ・サブジェクトとして一つ一つをテーマにした「活動」を行う。

つまり、一つの歌や音楽(ハードウェア)から、様々な活動(ソフトウェア)を生み出していく。

それがリトミック指導者の仕事であり指導になる。

そして、それぞれのテーマは関連性を持っており、まとまって一つの目標に向かっていく。

これら一連の流れを「遊び」にしていきます。

ソフトウェアを生み出すのは、その指導者の力量次第

感覚だけでやってのけられるものではありません。

勉強、経験を積んでない人には難しいものです。

また、豊富なアイデアを生み出すために、関連分野や得意分野以外にも通じておく必要があります。

例えば、オルフやコダーイといった音楽教育にも関連があります(実際にダルクローズと関連があります)。

音楽療法も面白いです。日本でメジャーな音楽療法の歌唱療法では、対象者との関わり方について勉強になりますし、ノードフ・ロビンズの音楽療法では、音楽の使い方にとても驚かされます。

他にもスポーツだったり、テーブルゲームだったりと、なんでもアイデアとして取り入れられるはずです。

なにより、指導者自身が「楽しい!」と遊べるのであれば可能性は無限大です。

リトミックでは、音楽を「遊び」から深く体験していき、中身を理解していく事を目指します。

そのために、普遍的なハードウェア(ダルクローズ)を用いて、ソフトウェアの進化をさせていかなければなりません。

根拠が明確なほど説得力が増すように、「なぜ、これをやるのか?」という問いに、いつでも答えられるよう、理論の部分も大切です。

ただ、そうして導き出したものが正解とはいえません。現場で、実際に子ども達が「遊べて」こそです。

アイデアが机上の空論にならぬよう、研鑽していくべきです。

おすすめ本 詳細
リトミック教育のための原理と指針 ダルクローズのリトミック
リトミックの理論やアプローチ方などわかりやすく解説された名著です!
リトミック論文集 リズムと音楽と教育 エミールジャック=ダルクローズ
ダルクローズの論文集。難解な本ですが、読めば読むほど彼の想いや意図が身に染みます。
子供を動かす法則 (教育新書 41)
リトミックの本ではありませんが、子どもに教えるために必要な技術が網羅されています。リトミック指導者こそ読んでおくべき必読書。
人を動かす 新装版
「指導する」ということにおいて重要な人との関わり方がわかる本です
障がいのある子との遊びサポートブック―達人の技から学ぶ楽しいコミュニケーション
この本に網羅されている技術は子どもと接する上で欠かせないものになります