本日は、親子リトミックでした。天気も良くて、参加者も多い賑やかな日でした。そんな親子リトミックについて、記事にしてみます。

親子リトミックの特徴は「子どもが輝く瞬間」

リトミックが親子での活動となるには理由があります。

それは、年齢が低いほど「大人のフォロー、モデル」が必要になるからです。

自分一人で出来る事が少ないぶん、大人が「見せて」「聴かせて」「一緒にやってみて」といったアプローチから、親子リトミックは成り立っているといえます。

とはいえ、全て子どもに「与える」だけではもったいないです。

一緒にやりながらも、子どもが「やってみよう!」となる瞬間があります。

いかに、その場面を作り出せるか!?それが、親子リトミックの指導側における重要なポイントです。

そして「できた!」となった瞬間はとても喜びに満ち溢れます。

一人の時間か、全員の時間、どちらにフォーカスするか

子どもによって、または活動によって「できた!」の瞬間は様々です。

大きく分けて2つの場面で見ていくことが出来ます。

それは、「1人」にフォーカスしている時か「全員」にフォーカスしている時かです。

たとえば、1人の時間では注目を浴びることになり、目線が気になり発揮できないものの、集団で動いている時には周りの良い影響をうけて活発になる子がいます。

もちろん逆の子もいます。

それなので、「1人」または「全員」にフォーカスしていける活動がバランスよくあると良いです。

たくさんの小物楽器は「全員の時間」

 

一つの楽器は「一人の時間」

ちょうどいいペースを作る

それぞれの活動配分ですが、私の経験をご紹介します。

 

開始時は緊張が高いので全員の時間、徐々に緊張がほぐれてくるのを予測して一人の時間に移っていく。

その後は交互に配置するものの、状況を見て抜き差しできるようにする。

そして、出来れば最後は全員の時間があると「楽しかった!」で終われます。

おすすめ本 詳細
リトミック教育のための原理と指針 ダルクローズのリトミック
リトミックの理論やアプローチ方などわかりやすく解説された名著です!
リトミック論文集 リズムと音楽と教育 エミールジャック=ダルクローズ
ダルクローズの論文集。難解な本ですが、読めば読むほど彼の想いや意図が身に染みます。
子供を動かす法則 (教育新書 41)
リトミックの本ではありませんが、子どもに教えるために必要な技術が網羅されています。リトミック指導者こそ読んでおくべき必読書。
人を動かす 新装版
「指導する」ということにおいて重要な人との関わり方がわかる本です
障がいのある子との遊びサポートブック―達人の技から学ぶ楽しいコミュニケーション
この本に網羅されている技術は子どもと接する上で欠かせないものになります