この間の記事で、「おもちゃ的」として楽器を紹介しました。

どんな子どもでも興味を惹きつけられる「おもちゃ的」な楽器の紹介


今回は、100均で手に入る楽器を見てみます。

100均にも意外と豊富にある楽器

お店は、”D”から始まる有名店。おもちゃのコーナーに行くと、いくつか楽器が売られています。

タンバリン系。大小様々な形があります。

トライアングルもありました。

鳴子!私もいくつか使っていますが、手に持ちパタパタと振るだけで鳴るので、乳児期の子でも鳴らせてオススメです。

このL字型の楽器。柄の部分を持ち一定方向に回すことで、ゼンマイが木を弾いてガチャガチャと音を出します。

100均楽器の利点

こうした「おもちゃ的」な楽器は本当に「おもちゃ」です。音の良さを求めるものではありません。

しかし、手に持って「操作する」という面では実際に楽器に触れていることには変わりません。

そして何より「安い」です。

それなので、活動に使えるか?子どもが気に入るか?といった「ちょっと試してみたい」時に便利です。

もし、自身の活動に使えそうであれば使い続けるもよし、その楽器のちゃんとしたメーカーものに変えてみるもよし。

あとは、人数分揃えるといった場合でも安価に済みます。

意外と、100均も侮れないものです。

おすすめ本 詳細
リトミック教育のための原理と指針 ダルクローズのリトミック
リトミックの理論やアプローチ方などわかりやすく解説された名著です!
リトミック論文集 リズムと音楽と教育 エミールジャック=ダルクローズ
ダルクローズの論文集。難解な本ですが、読めば読むほど彼の想いや意図が身に染みます。
子供を動かす法則 (教育新書 41)
リトミックの本ではありませんが、子どもに教えるために必要な技術が網羅されています。リトミック指導者こそ読んでおくべき必読書。
人を動かす 新装版
「指導する」ということにおいて重要な人との関わり方がわかる本です
障がいのある子との遊びサポートブック―達人の技から学ぶ楽しいコミュニケーション
この本に網羅されている技術は子どもと接する上で欠かせないものになります