児童館での親子リトミックで、定番化している活動に「たいこ」があります。

たいこを「待つ」ことと「たたく」こと

方法としては以下の通りです。

・輪になって座る
・順番に回ってくるたいこを鳴らす

これだけです。

親子リトミックでは、基本的に「楽しむ」ことを一番の目的にしています。それ以外にこの場面で持てる目的で、

・順番を待つ(に気がつく)
・興味を持って自分から動く

とも設定できます。

これは、子どもに課題的な目標を持たせるのではなく、「しっかり待っていられたね」「いい音が鳴ったね」「(鳴らそうとしなくても)気持ちを向けることが出来たね」など、子どもの色々な姿をプラスに評価していくためです。

こうした活動は、大人から見れば「出来た」「出来なかった」と2択の評価になりがちですが、子どもからすると「そんな簡単なもんぢゃない!」といった気持ちでしょう。

ちょっとでも頑張れた事を「よく出来たね」と褒める場面を作る、そしてそれを保護者の方へもフィードバックする。

そうした活動が「たいこ」によって作る事ができます。

スポンサードリンク

 

「たいこ」関連記事

誰でもできる奏法は「打つ」こと、打楽器の魅力 | 子どもと音楽で遊ぶリトミック指導

 

REMO社のキッズスティックで活動に+αを! | 子どもと音楽で遊ぶリトミック指導

 

リトミックのような場面で「順番」を経験させる必要がある理由 | 子どもと音楽で遊ぶリトミック指導