どうすれば親子リトミックがうまくいく?

児童館で親子リトミックを行うための心得。

とすると偉そうですが、要は知っておくと進める事が楽になるポイントを、自身の経験からお話します。

児童館と「教室」の違い

ここで言う「教室」とは、ヤ○ハやカ○イ等といった音楽教室の事を指します。

これらで行われているリトミックと児童館のリトミックでは何が違うのか?

 

それは、参加者側からする「有料」と「無料」の違いです。

それによって参加者の意識が変わってきます。

かんたんに言ってしまえば、お金を払う必要のある「教室」には内容がどうであれ【それを目的に来る】ということ。

無料である児童館には、その限りではない、ということです。

有料である「教室」は、予め内容について同意し契約を交わし行われるのに対し、無料である児童館のものは、それらの行程がありません。

そうすると、参加者によっては「こんなのやるつもりではなかったのに…(やりたくないな…)」といった思いをするかもしれないのです。

もし、ニーズがあまりない参加者が多数となった場合は「やらされてる感」が広がり、活動全体が盛り上がらなくなる恐れがあります。

そうなると、今後の活動自体の存続が怪しくなってきてしまいます(誰も来なくなる→児童館側からNGをもらってしまう)。

もちろん、児童館でのリトミックを楽しみにして参加される方が大半だと感じています(そして、そういった方々に支えられて活動できています)。

それでも、そうでない方もいない訳ではありません。

それなので、活動内容に初めての人でも入りやすいような工夫を毎回、意識していく必要があります。

活動内容について

具体的な方法については、人それぞれだと思います。ここでは、中身ではなく器の部分をお話します。

・体力と集中の持続時間

リトミックは主に身体を動かす活動になります。

それなので、親子で歩いたり、走ったりと様々な動きをしていく事になります。

しかし、間に休憩を挟みつつとはいえ、こういった内容を30分間続けることは大変です。もちろん参加者が、です。

活動に対する体力と集中(興味)が最もあるのは、開始直後です。

活動を続けていくと、体力・集中は少なくなっていきます。

それなので、動きなど「疲れる」活動は前半のみに設定するようにします。

30分の活動なら、導入5分→動き活動10分→その他活動10〜15分くらいが丁度良いでしょう。

・声かけ、モデル提示

活動に参加したものの、どうやればいいのか?何回も参加しているなら見通しが持てますが、初参加の場合はわかりません。

全員が経験者だとしても、全員が積極的に動けるわけではありません。

それなので、何をするのかを参加者に明確な提示をしていかなければなりません。

一番分かりやすいのは、実際に「動いて見せる」ことです。

これにより大人は「ああやるのね」と理解し、子どもは(年齢によりますが)模倣することが出来ます。

毎回こちらが動いて見せる、といった流れを入れると活動のテンポが悪くなるので(演奏者とリーダーまたはアシスタント、といったダルクローズでは珍しい複数人のスタイルで行う場合、話は別ですが)、演奏しながら「声かけ」をすることも有効です。

この場合、長々と説明するのではなく、短くスパッと説明しましょう。

この二つの使い分けですが、「どこの部分が伝えるのが難しいか?」といった基準で臨機応変に対応していけば良いでしょう。

そして、原則として「声かけ」は大人のため、「動いて見せる」は子どものため、という事があります。

子どもは大人ほど言葉が分からないからです。

活動のペース配分が忙しいものではなく、分かりやすい説明と進行が盛り込まれた活動内容だと、初めての人でも取っ付きやすくなります。

そして「また来てみようかな」と思ってもらえれば次回につながっていきます。

過剰なサービスはいりません。

内容にちょっとした配慮をすることが、児童館での親子リトミックを行うコツだと思います。

次回は、どんな物が役に立つのか?楽器や機材などを紹介します。

児童館で親子リトミックをするための、三つのポイント part3

おすすめ本 詳細
リトミック教育のための原理と指針 ダルクローズのリトミック
リトミックの理論やアプローチ方などわかりやすく解説された名著です!
リトミック論文集 リズムと音楽と教育 エミールジャック=ダルクローズ
ダルクローズの論文集。難解な本ですが、読めば読むほど彼の想いや意図が身に染みます。
子供を動かす法則 (教育新書 41)
リトミックの本ではありませんが、子どもに教えるために必要な技術が網羅されています。リトミック指導者こそ読んでおくべき必読書。
人を動かす 新装版
「指導する」ということにおいて重要な人との関わり方がわかる本です
障がいのある子との遊びサポートブック―達人の技から学ぶ楽しいコミュニケーション
この本に網羅されている技術は子どもと接する上で欠かせないものになります