親子リトミックで「あると便利なもの」

最後は「道具」編です。自身の経験から有用だったものを取り上げていきます。

活動で使用するもの

リトミックは、「身体で音楽する」ようなもので、極端に言えば身一つで活動できます。

とはいえ、出来る事が限られる乳幼児では、そうも言ってられません。

何より集中出来る時間が短いので、例えば「即時反応」といった目的ひとつでも、様々なアプローチが必要です。

そして、子どもにとって興味のある活動にするためには、それが「遊び」になる事が条件です。

そのために、「道具」がとても有効になってきます。

☆手作りマラカス
握る、振るといった動作が出来ます。

そんな当たり前の事ですが、活動においては有効に使えます。

音楽と一緒に鳴らす〜止める、といったリトミックの基本である「即時反応」を手軽に遊びへ取り入れる事ができます。

この楽器が優れているのは「誰でも鳴らせる」といった部分です。

赤ちゃんでも握る事が出来れば感覚的に楽しめます。

安価で大量に作れる(材料があれば、ですが)この楽器は常にカバンに忍ばせておきたいものです。

作り方は以下を参照して下さい。

マラカス作りへの一工夫(旧ブログより再掲)

 

☆たいこ

「たいこ」も有効な楽器です。

なぜなら、マラカスと同様に技術が必要ではない楽器だからです。

こちらが歌に合わせて差し出したり…または、親子一組ずつで親が手に持って子どもと鳴らすといった活動だと一つのたいこで間に合います。

以下の物が安価ながら良い鳴りがするのでオススメです。

また、たいこを手で鳴らすのも良いですが、スティックのような物を使うと活動に幅が生まれます。